求人を見る前に、CRAについて知ろう

差がつくCRAの求人知識

CRAとは、臨床開発モニターの略称で、求人は、製薬会社や開発業務支援機関(CRO)などから出されています。

新着おすすめ記事

求人を見る前に、CRAについて知ろう

CRAという仕事があることを、ご存知ですか?おそらく、多くの人が初めて聞く職業なのではないかと思います。

でも、CRAは今、医療業界で非常に注目を浴びている仕事で、求人も絶えず出ている、人気の職種なのです。

CRAとは、Clinical Research Associateの略で、臨床開発モニターという仕事のことです。

単にモニターと呼ばれることもあります。

モニターというと、新商品を試してみて感想を企業に伝えるという仕事を思い浮かべますね。

しかし、CRAは全く違います。

治験に関する仕事をしていて、中でも特に、治験が各医療機関で行なわれている際に、その治験を依頼している製薬企業などの臨床試験が適正に行われているかどうかを監視し、確認することを仕事としています。

医薬品の臨床試験に関しては、GCPと呼ばれる、医薬品の臨床試験の実施の基準に関する省令というものがあります。

そこで、CRAは、治験がGCPに沿って行われているかどうかを調査・確認するのです。

CRAは、製薬会社や開発業務支援機関(CRO)と呼ばれる会社に所属して勤務しています。

そのため、CRA(臨床開発モニター)の転職・求人情報も製薬会社やCROが出しているものとなっています。

製薬メーカーや医療機器メーカーに直接所属している場合は、治験が適切に行われているかどうかを製薬メーカーや医療機器メーカーの社員としてチェックする場合もありますし、CROに所属した場合はCROから派遣されるという形で業務を行う場合もあります。

さらに、CROにそのまま勤務するという場合もあります。

業務内容は同じなので、どこの求人をチェックしてもよいのですが、未経験から中途でCRAになるという場合は、CROの求人に応募するというケースが多くなっています。