キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 CRAの求人を見る時に気になる、仕事内容とは? : 差がつくCRAの求人知識

CRAの求人を見る時に気になる、仕事内容とは?

差がつくCRAの求人知識

CRAは、治験に関して企画からデータ収集までを一手に引き受けているので、求人でも高い能力を求められるようになっています。

新着おすすめ記事

CRAの求人を見る時に気になる、仕事内容とは?

CRAの仕事は、一言でいうなら、治験が適切に行われているかどうかをチェックするというものです。

では、具体的にはどのようなことなのでしょうか。

製薬会社で新薬を開発した場合、その新薬を使用するにあたって問題がないかどうかを確認するために、臨床試験というものを行なわなくてはいけません。

そこで治験を受ける方の安全性を守るため、第1相から第4相までのステージに分けて行われ、しかも治験を行う医療機関もいくつもの条件を満たしているところでなければ行うことができません。

そのため、CRAは、製薬会社から治験の話をもらったら、治験について企画し、運営し、データを収集するという仕事を一手に引き受けることになるのです。

言ってみれば、CRAは製薬会社と病院とをつなぐパイプ役になっているということですね。

現在は、各製薬会社が新薬開発に力を入れているので、CRAのニーズは高まってきているのです。

そのため、CRAの求人は数が多くなってきています。

ただし、仕事内容は非常に専門性が高く、高い能力が求められるので、誰でも気軽にCRAになれるというものではありません。

仕事の内容上、薬剤師や看護師、臨床検査技師やMRなどの資格を持っていると、応募できる求人情報数も増えて、より採用されやすくなる可能性が高まるでしょう。

非常に忙しい仕事で、ほとんどの日をどこかの医療機関で過ごすことになる場合が多く、また残業もある可能性が高いと考えておく方が良いでしょう。

ただし、やりがいはあるので、高い志を持って働きたいという方にとっては、非常に魅力のある職業となっています。