CRAとCROの求人の違い

差がつくCRAの求人知識

CRAは、CROに所属し、病院に所属して治験に関わる業務をしているCRCと協力しながら仕事をしていくので、求人は迷いやすいものとなっています。

新着おすすめ記事

CRAとCROの求人の違い

治験に関わる仕事には、いくつかのややこしい名称があります。

CRAは治験の企画からデータ収集までを行なう仕事をする人の名称ですし、その他にもCROやCRC、MRなどがあります。

この区別、一見するとよくわかりませんよね。

そもそもCROとは、開発業務支援機関(Contract Research Organization)の略称であり、CRAが所属している機関名になります。

CROは、製薬会社や医療機器メーカーなどから依頼を受けて、治験にかかわる業務の一部から全部を行なうことが役割となっている機関です。

具体的には、CRAにより治験が適切に行われていることをチェックしたり、治験によって得られたデータをマネジメントしたり、新薬の承認申請のための書類や論文を作成したりして、非常に多岐にわたる業務内容となっているのです。

また、CRCはCRAと混同されやすく、求人情報を見てもCRCとCRAを見間違えてしまう方もいらっしゃいます。

CRCは、治験コーディネーターと呼ばれ、治験が行なわれる病院やクリニックに所属して働いています。

つまり、CRCの求人は医療機関が出しているということになるのです。

CRCは、CRAが立てたスケジュールに従ってスムーズに治験が進んでいくよう、医療機関側になって尽力をする役割を担っているということになります。

MRは、Medical Representativeの略称で、医薬品情報担当者を指しています。

薬を医師や薬剤師などに対して営業をする仕事といってよいでしょう。

そのため、CRAとは基本的にしている仕事が全く違うものとなります。

これらの違いをよく理解して、CRAの求人を探したいものです。

関連リンク≫ [http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1283602702